ホタル!!

バイト明けの深夜テンションでホタルを見に行ってきました。
最初は琵琶湖疎水のあたりで見てたのだけれど、思いのほかたくさんいて
「これ哲学の道近くに行けばもっといるんじゃないか?」という話になり
哲学の道へ向かうことに。
途中、京大農学部グラウンドの裏手の道でも数匹のホタルが見れたのには
かなり驚きました。
普通ホタルってもっと山の中にいるものなんじゃないのかなぁ?
京都の水がきれいだからだね、と独りで納得してみたりしました(笑)

哲学の道に着いたのが夜中の1時前だったのですが、意外と人が多くて。
そして、ホタルは思いのほか少なくて(笑)
でもキレイでしたよ、ところどころでふわーって穏やかな光が灯るの。
哲学の道の辺りってくらいから、他のところより光が映えて見えるし。

こんな素敵な雰囲気の中でも、ネタは空から降ってくるのです(涙)
人通りもだいぶ少なくなった午前2時前、前方に若いカップルが見えたのです。
そして私と相方を見たその2人は何故か大爆笑。
その場に突然笑い崩れる相方。状況がよく飲み込めていない私。
ええ、その2人ってのはうちらの友達カップルだったのですね。
しかも1ヶ月前、全力でうちらが付き合うように仕向けた奴ら(笑)
そりゃ笑うわな・・・不思議なくらいの偶然やもん。
そして奴らはうちらに六法全書やら機械の難しい本やらをどさっと預けて
大豊神社の方に仲良く歩いていきましたとさ。
30分くらい待たされたし!荷物番させられたし!理不尽!!(><)

で、奴らに荷物を返した後、うちらも大豊神社の方へ。
その道中で出会った白猫さんがとても可愛かった。なつっこくて。
「おうち帰らなくていいのー?」って聞いてもにゃあにゃあ言いながら寄ってくるのです。
猫好きの私にとっては至福の時でした。だっこさせてくれんかったけど。
まぁ、その猫さんは相方のほうがお好きだったようですが。メス猫だったし(笑)
でも不思議な猫だったな。付いていったらどっか別の世界とかに連れて行ってくれそうな。

帰り道、水辺から少し離れたところを歩いてたら、ふわふわーっとホタルが寄ってきて。
思い切って手伸ばしたら、なんと捕獲しちゃいました(笑)
手のひらの中でぽーっと光るホタルはやっぱりとても不思議で。
ホタルの光のメカニズムなんてもうとっくに知ってるけど、こうして手の中で優しく光る
ホタルは、子供の頃の私をひきつけたのと同じ魅力を持っているようでした。

なんていうか、風流な夜更かしをした夜でした。
案の定、翌日の2限には出られなかったんですけどね(笑)
[PR]
by liveinclover | 2005-06-02 19:50
<< 新人さんいらっしゃい♪ やる気がないのか? >>